タバコを吸っていると手術ができない?

禁煙・喫煙ラーニング

タバコを吸っていると手術ができない?

Topコラム > タバコを吸っていると手術ができない?

タバコを吸っている人は、健康な人に比べて健康状態が劣っています。
タバコに含まれている一酸化炭素が悪玉コレステロールと結合することによって出来上がる酸化コレステロールの影響で血管が詰まりやすくなっていることで、
通常の手術が行えないこともあります。
また、喫煙によって肺機能が低下していきますので、全身麻酔に身体が耐えられない可能性が出てきます。

手術で様々な症状が出ることもある

上述の通り、肺の機能だけでなく全身の健康状態がすぐれない上に、手術によって体力が低下していますので、それまでCOPDの症状が出ていなかった人も
筋力低下などによりCOPDの症状が現れ始めることもあります。
また、手術によって痰が出やすくなることもありますが、喫煙と手術の両方によって体力が低下している状態では中々痰を吐き出せなかったり、筋力の低下によって、
痰を吐き出す際に痛みを伴うことがあります。痛みを避けるために痰を外に出さなくなってしまうと、痰が溜まって肺炎になる可能性があります。

大きい病院では手術を受けられない

喫煙をしている状態で手術をすることがどれだけ恐ろしいことなのかがわかったと思います。
ですので、国立がんセンターなどの大きな病院では喫煙している人の肺がん手術をしない事があります。
喫煙している場合は、手術までに最低でも1ヶ月以上禁煙を促されるでしょう。
肺がんは早期に見つかれば簡単に手術で治療することができます。しかし、タバコを吸っていたが為に、即手術というわけにはいかなくなり、
最悪の結果を迎えてしまうかもしれません。

もし、早期の肺がんが見つかった時のためにも、できるだけ早く禁煙をすることが大切です。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ