運転手が喫煙者のタクシーの危険性

禁煙・喫煙ラーニング

運転手が喫煙者のタクシーの危険性

Topコラム > 運転手が喫煙者のタクシーの危険性

タクシーの多くが禁煙となり、運転手も乗客もタクシー内ではタバコを吸うことができなくなりました。
しかし、タクシーの運転手の中にはタバコを吸っている人もいるのが現状です。

外でタバコを吸った運転手が運転席についてから約2時間有害物質が出続けています。
タクシーというほぼ密室状態では双方に影響をおよぼす喫煙ですが、直接喫煙しなくても、喫煙後2時間は体内の有害物質が出続けてしまいます。

喫煙しない運転手を見つけよう

運転手が喫煙者の場合、車内でタバコを吸わなくても有害物質が出続けていることがわかりました。
これの回避策はタバコを吸わない運転手を見つけるしかありません。
町中でランダムに乗ろうと思うと、どうしても喫煙の判断をすることができませんが、そういった場合は「タバコを吸いますか?」と聞いてしまったほうが良いです。
どうしても時間が間に合わない、という場合を除けばお金を払って有害物質にさらされる必要はありません。

自分が運転手だった場合は

もし自分がタバコを吸う運転手だった場合は、喫煙後2時間もの長時間有毒物質が放出され続けていることを自覚して仕事に望む必要があります。
会社によっては将来的に喫煙者に対して何らかの措置がとられる可能性もあります。
また、「家にいるときはベランダで吸っているから」と考えている場合も、その後2時間有害物質が出ていることを思い出してください。
タバコを吸って自分から有毒物質が出ているのに、自分のかわいい子供に近寄りたいですか?

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ