禁煙治療を保険適用で受ける方法

禁煙・喫煙ラーニング

禁煙治療を保険適用で受ける方法

Topコラム > 禁煙治療を保険適用で受ける方法

喫煙によるニコチン依存症が病気であることは認められていますが、日本国内ではタバコを吸っている人全員が保険を適用して禁煙治療を行えるわけではありません。
では、どのような条件を満たす事で保険を適用しながら禁煙治療を行うことが出来るのでしょうか。

保険適用時の禁煙治療の診療費目安

保険が適用された状態で禁煙治療を受けると、定められた期間内(約3ヶ月)で約1万5000円から2万円を少しはみ出る程度となります。
1ヶ月5000円程度と考えると少し高いように感じますが、タバコを1日1箱吸うとこの治療費を大きく上回ることを自覚すれば、毎月5000円の出費でこれ以上のお金をタバコに支払う必要がないのですから、金銭面では断然お得です。
更に、お金だけではなく禁煙に成功すればタバコによる健康被害もこれ以上受けにくくなりますので、タバコに毎月5000円以上かけるのであれば禁煙治療を始めたほうが一生涯の得になります。

禁煙を保険適用で受ける最低条件

1.こちらの依存度チェックで5点以上を獲得している
2.1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上
3.1ヶ月以内に禁煙を開始する意志がある
4.禁煙の治療を受ける同意書にサインをする

すべての病院が保険適用ではない

禁煙治療を受けるにはもちろん禁煙外来に行く必用があるのですが、禁煙外来とは大きく禁煙治療を行なっている場所を指します。
ですので、保険適用でない自由診療で行なっている場所も少なくありません。

保険適用でない場所がある理由

禁煙治療を保険適用で行う場合は、医療機関に対しても条件が設けられています。
その条件の中には、私たちが目で見てもわかるような条件もあります。それは敷地内の喫煙所の有無です。駐車場なども含めた医療機関の施設内に1つでも喫煙所がある場合は保険適用での診療の許可が下りません。
屋内ではなく屋外も禁煙にしなければならないため、なかなか難しい条件であるため、保険適用ではなく自由診療が多くなっています。

禁煙治療期間は定められている

禁煙治療の保険適用条件を満たして一安心するのはまだ早いです。
実は禁煙治療には治療期間が定められています。いつまでもダラダラ禁煙している人に対しての治療費を負担しているほど余裕が無いことは想像できると思います。
ですので、12週間を上限として禁煙治療が行われ、それ以降の治療には保険が適用されません。

禁煙外来歴があると保険適用されない?

過去に禁煙外来に行ったけど、誘惑に負けてまたタバコを吸ってしまったという人は、保険適用での禁煙治療に制限がかかります。
ただし、条件を満たしているのに保険適用がされない、という事はなく、前回受けた禁煙治療から1年以上経過している必要があるだけです。
ですので、過去の禁煙治療で失敗してしまった場合でも1年以上経過しており、医師がニコチン依存症であることを認めた場合は再度禁煙治療を保険適用で受けることができます。

保険適用外だった場合

もしあなたが保険適用外だった場合は、うまくいけば保険適用で禁煙治療を受けるよりも安く安全に禁煙できるかもしれないサプリメントも販売されています。
ニコストップという商品ですが、こちらのページで詳しく解説していますので、もし強い禁煙の意志があるにもかかわらず、保険適用外だった場合は是非ニコストップをお試し下さい。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ