少しなら、は命取り

禁煙・喫煙ラーニング

少しなら、は命取り

Topコラム > 少しなら、は命取り

1日に10本も15本も吸わないから大丈夫、と思っている人もタバコを吸っている人の中にはたくさんいると思います。
しかし、タバコに「少しなら」は通用しません。「少しでも」吸えばそれが、病気のリスクを高める事が分かっています。

虚血性心疾患になるリスクが上昇する

タバコを1日に1本から4本吸うだけで、虚血性心疾患による死亡率が高まることが、ノルウェーの研究で分かっています。
この研究では4万人以上を対象にモニタリングを行いました。追跡期間は25年間と非常に長いもので、男女共に対象となっています。
もちろん、虚血性心疾患などに羅患するリスクは男女共に上昇しますので、性別による違いはありません。

お酒の席だけでしか吸わない?

お酒の席でしかタバコは吸わない、という信念を持っている人を見かけます。病気のリスクを主に考えれば、無意味な我慢です。
1日に1本吸うだけで病気にかかるリスクが高まるということが分かっています。お酒の席で何本のタバコを吸うかはわかりませんが、1ヶ月に換算すると、1日1本吸っている人と変わらないくらい吸ってしまっている事も多いと思います。
また、タバコに含まれるニコチンは耐性が強いため、定期的にタバコを吸っていなくても吸い続けることでタバコの量が足りなくなってきてしまい、「普段タバコを吸わないからいつでも禁煙できる」という安易な考えが打ち砕かれてしまうことになります。

少しのタバコも依存すればやめられない

「少しの間だから」という考えで喫煙を始めてしまい、半年吸ってしまうと吸っているタバコの本数が少なくても抜け出すことは容易ではありません。
簡単に始められるから簡単に抜け出せるわけではないことをその状況になって知るわけですが、元々あまり吸わないから、と一切不安を感じずにそのまま喫煙を続けてしまう事も多いですが、最初にも記載した通り、僅かな喫煙でも続けていれば病気にかかるリスクが高まることを
知っておくべきです。
あなたがまだタバコを吸っていないのであれば、少ないタバコでも病気になる可能性があることを忘れてはいけません。
もし、少ないけれどタバコを吸っている場合は、その少ない喫煙であっても病気になるリスクが有ることを知った上で喫煙しましょう。
喫煙歴も短い場合は、ニコチンパッチなどを使用することで比較的簡単に禁煙を成功させることができます。
この機会に禁煙の決心をしてみませんか?ニコチンパッチでの禁煙方法はこちらのページで解説しています。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ