酸化コレステロールの恐ろしさ

禁煙・喫煙ラーニング

酸化コレステロールの恐ろしさ

Topコラム > 酸化コレステロールの恐ろしさ

タバコを吸うことによって、体内に一酸化炭素が取り込まれます。
一酸化炭素は体内で血液中のヘモグロビンと酸素よりも多い割合で結合し、体内の酸素不足を引き起こします。
また、悪玉コレステロールと結合することで、動脈硬化などの原因となる酸化コレステロールに変化し、身体に悪影響を及ぼします。

タバコ以外からも摂取している

酸化コレステロールは、食品を焼く、揚げるなどの加工をした際に発生しています。元々の食材に含まれるコレステロールが変化しますので、
元々のコレステロールの値が高ければ高いほど酸化コレステロールも多く含まれていることになります。
これらの工程は、ファストフードなどに多く見られ、食文化が欧米化している日本では急激に食品からの酸化コレステロール摂取が増えているとされています。
フライドポテトなどにはもちろん、マヨネーズなどにも多くの酸化コレステロールが含まれています。

脂肪肝の原因にもなる

当サイトでは、酸化コレステロールは動脈硬化に繋がり、心筋梗塞を誘発する物質であることに重きを置き解説していますが、動脈硬化以外にも、肝臓に脂肪が溜まる「脂肪肝」にも関係していることが少しずつ分かってきています。
酸化コレステロールが体内にある事で、肝臓の中性脂肪の合成を促すことによって脂肪肝になってしまいます。
これは酸化コレステロール特有の現象で、それ以外のコレステロールでは同じ現象は見られていません。

酸化コレステロールの害を軽減する

酸化コレステロールによる被害を極力抑えるために、酸化コレステロールを減らしましょう。
まずなるべく酸化コレステロールを体内に入れないことです。タバコはもちろんですが、多くの食品が酸化コレステロールを持っていることが分かっています。
ファストフード中心の食生活であればそれを避けること。油物や長期間干されたもの(干す過程で酸化が進むため)は避けることなどが挙げられます。
次に、酸化コレステロールによる動脈硬化を防ぐために、血栓予防効果のある大豆製品などを多めに摂るように心がけます。
抗酸化作用がある食品を食べることで、酸化コレステロールの生成も予防できますので、抗酸化作用があるビタミンCやβカロテンを含む緑黄色野菜を多めに摂るようにしましょう。
また、緑茶に含まれるカテキンにも強い抗酸化作用がありますので、食後に緑茶を飲むと効果が期待できます。

閉経後の女性は脂肪が溜まりやすい

酸化コレステロール以外にも、更年期を迎え閉経した女性はエストロゲンというホルモンの分泌量が低下しています。
エストロゲンによって、動脈硬化になるリスクを低下させていましたが、そのホルモン量が低下することによって動脈硬化になるリスクが高まります。
また、エストロゲンには抗酸化作用もあるので、酸化コレステロールによる影響を受けづらい身体で生活をおくることが出来ていました。
しかし、閉経によってエストロゲンの効果が薄れてくると、途端に今まで影響を受けて来なかったコレステロールが酸化を始めます。
まだ閉経していない女性は今のうちから禁煙や、脂肪を落とすダイエットを心がけることで、将来的な酸化コレステロールの被害を軽減させることができます。
既に更年期を迎え閉経した女性は、エストロゲンの低下により心筋梗塞の発症リスクが高まっていることが分かっていますので、まずは禁煙を行い、身体に負担をかけ過ぎない有酸素運動を積極的に行うことで、酸化コレステロールによる被害を軽減できます。
もし、閉経後に今までにない体調不良を感じた場合は、既に酸化コレステロールなどの影響を受けている可能性がありますので、念のため病院へ行き
しっかりと検査してもらっても良いかもしれません。定年退職などを機に人間ドックを受ける人は増えています。
自分を過信せずにしっかりと検査を受けることで、これからも健康な体で過ごすことができます。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ