タバコが肺年齢を上げる理由

禁煙・喫煙ラーニング

タバコが肺年齢を上げる理由

Topコラム > タバコが肺年齢を上げる理由

喫煙をすることによって、肺年齢が実年齢よりも高くなってしまう事は、こちらのページでもご紹介しました。
では、なぜ喫煙によって肺年齢が上昇してしまうのでしょうか。
タバコには4000種類以上の化学物質が含まれています。その中でも約200種類は致死性有害化学物質とされています。
更に、動物にガンを作る化学物質は60種類含まれていることがわかっています。
中でもタバコが原因で肺年齢が上がってしまう物質をご紹介します。

ニコチン

タバコと言えばニコチンというくらい有名な物質です。毒物に指定されていますが、発ガン性はありません。
ではなぜニコチンが肺年齢を上げてしまう原因となると言えるのでしょうか。それは、ニコチンに含まれている依存性です。
タバコを吸い始めるとやめられなくなってしまうのは、このニコチンに含まれている依存性のよるものが原因です。
ニコチンには害がなくても、その他の有害物質を常習的に吸い込む手助けをしているため、今回ご紹介しました。
先程も記載しましたが、ニコチンは毒物です。成人の致死量はわずか40ミリグラムです。これはタバコ2本から3本程度の量に相当します。
つまり、タバコをを3本食べると死亡するということです。最近は聞かなくなりましたが、少し前には、子供がタバコを誤って食べてしまい死亡してしまう
ニュースを見かけることがありました。
自分の身体だけではなく、他の人を殺してしまうかもしれないタバコについて、再度考えることができる物質とも言えます。

タール

タールの中には人体に対して有害な物質が200種類ほど含まれています。更に、その中には発がん性物質も数十種類含まれています。
中でも有名なのは、ベンゾピレン、ジメチルニトロサミンなどです。
その他にも煙草の煙には「メチルエチルニトロサミン」「ジエチルニトロサミン」「N -ニトロソノルニコチン」「ニトロソピロリジン」
「キノリン」「ヒドラジン」「2-ナフチルアミン」「0-トルイジン」などが含まれています。
これらはタバコの煙に含まれていますので、副流煙にも含まれています。
また、一度肺に入ったタールはちょっとやそっとではなくなりません。タールは木の樹液のような状態ですので、粘り気があるため中々肺からなくならないのです。
ですので、喫煙していた期間が長ければ長いほど、禁煙をして肺からタールがなくなる時間が長くなります。

一酸化炭素

一酸化炭素はタバコの煙に多く含まれています。1本のタバコを吸った場合主流煙に30ミリグラム以上の一酸化炭素が含まれています。
この一酸化炭素が体内に入り込むことで血液の中のヘモグロビンと結合します。酸素もヘモグロビンと結合しますが、酸素の250倍高い割合でヘモグロビンと結合してしまうため、
血液が酸素を運搬できないという状況になります。これによって全身が酸欠状態になってしまい、脳が勘違いをして、もっと酸素を運ばせるために心臓に命令を出し、さらなる活動を促します。
これによって余計な負荷がかかるため、心臓を始めとする循環器系の臓器に大きな負担になります。
更に一酸化炭素は体内の悪玉コレステロール(HDLコレステロール)と結合することで、血管の中に溜まりやすくなる「酸化コレステロール」に変化します。
酸化コレステロールが血管内に溜まってしまうと血管が詰まりやすくなり、動脈硬化や脳梗塞などの病気へと繋がります。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ