喫煙にまつわる病気

禁煙・喫煙ラーニング

喫煙にまつわる病気

記事一覧

タバコが原因で高血圧になる

タバコを吸うことで、血圧が上昇します。これは、タバコによって血管が収縮するためです。
タバコを吸った作用で誰でも一時的に血圧が上がるのですが、これと高血圧はどう関係しているのでしょうか。

タバコが原因で高血圧になるの続き読む

妊娠中の障害

タバコを吸う女性の中には、妊娠したらタバコをやめようと思っている人も少なくありません。
やはり、お腹の中の赤ちゃんの健康状態が気になるからという理由が多いでしょう。
妊娠する前から禁煙をしておけば、自分自身も健康になれますし、赤ちゃんも健康に育つ可能性が高くなります。
今回は妊娠中にタバコを吸うことの危険性について紹介します。

妊娠中の障害の続き読む

バージャー病とタバコの関係

バージャー病はあまり聴き馴染みのない病気かもしれません。
しかし、バージャー病はタバコと密接に関係している病気で、場合によっては手足を切断しなければならないこともある恐ろしい病気です。
タバコを吸う上で、肺がんなどと同じレベルで知られていなければならないバージャー病のタバコとの関係性や、バージャー病についての解説を行います。

バージャー病とタバコの関係の続き読む

タバコで心筋梗塞になる

タバコによる害の中でも、ガン、特に肺がんが有名ですが、ガン以外にもタバコによる恐ろしい害があります。
それは心臓疾患。心筋梗塞などの病気は喫煙によって発症のリスクが高まることが分かっています。

タバコで心筋梗塞になるの続き読む

タバコは膀胱がんと密接な関係がある

タバコは通常口から吸うものですので、タバコと膀胱の関係性をすぐに思いつくのは難しいかもしれません。
しかし、国立がん研究センターでは、膀胱がんの原因の1つにタバコを上げており、それは確立されています。
タバコと膀胱がんの関係についてご紹介します。

タバコは膀胱がんと密接な関係があるの続き読む

歯周病とタバコの関係

タバコを吸ってまず最初にタバコの煙が触れる場所は、食道でも肺でもなく口の中です。
タバコとの組み合わせが悪い口の中の病気は、意外にも歯周病です。
今や歯周病は世界で一番感染者数の多い感染症としてギネスに登録されているほど、感染者数が多い病気です。

歯周病とタバコの関係の続き読む

タバコは勃起不全になる可能性がある

都市伝説のように語られているタバコと勃起不全の関係ですが、実際にタバコによる勃起不全が起きています。
通称「タバコED」と呼ばれており、タバコを吸っていれば若い人でも勃起不全になってしまう可能性があります。

タバコは勃起不全になる可能性があるの続き読む

脱毛はタバコが原因の一つ

タバコと脱毛は一見するとかけ離れて見えますが、実は後天性の脱毛を促す原因であることがわかってきています。
若いうちはいいですが、年齢を重ねていくにつれて、段々と気になるようになる頭髪の量。
禁煙をすることによってで将来的な脱毛や、若ハゲと呼ばれる若いうちの脱毛現象を抑えることが出来るかもしれません。

脱毛はタバコが原因の一つの続き読む

タバコと口腔がんの関係

タバコの煙が肺に入る前に触れる最初の場所は、口の中です。発がん性物質がタバコの煙の中には60種類以上も含まれているのですから、
タバコによる口腔がんになるということは容易に想像出来ます。
口腔がんとタバコの関係や、口腔がんについてを解説しています。

タバコと口腔がんの関係の続き読む

タバコによる肺炎

タバコといえば肺の病気が真っ先に思い浮かびます。それは肺がんだけでしょうか。
実は肺炎もタバコに密接に関係している病気のうちの一つなのです。

タバコによる肺炎の続き読む

タバコでくも膜下出血になる可能性も

くも膜下出血とタバコはどんな関係があるの?と思ってしまいがちですが、そもそもなぜくも膜下出血が起きてしまうのかを
解説します。そうすることで、タバコとくも膜下出血の関係性を見ることができます。

タバコでくも膜下出血になる可能性もの続き読む

タバコは胃がんの原因

胃がんは日本国内での死亡原因の第2位にランクインされている恐ろしい病です。
発症の大きな原因は喫煙や食生活の乱れとされています。
塩分過多や野菜不足が食生活としての原因とされていますが、それに喫煙が加われば更に発ガン率が高くなるのは明白です。

タバコは胃がんの原因の続き読む

慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺疾患は通称COPDと呼ばれ、タバコが原因で引き起こされる疾患で、慢性閉塞性肺疾患と判断された場合はタバコの煙による害を受けていると言われていることと同じになります。ましょう。

慢性閉塞性肺疾患の続き読む

肺がんはタバコが原因

肺がんは2005年の厚生労働省の発表によると日本人男性の死因第1位で、女性では第3位となっています。
肺がんで死亡する人は年々増加しており、肺がんと診断を受けてから5年以上生存している人は10パーセントから30パーセントほどと言われています。
それほど高い死亡率を誇る肺がんは、数百の発がん性物質を含むタバコと関わりがあることは容易に想像できます。

肺がんはタバコが原因の続き読む