脱毛はタバコが原因の一つ

禁煙・喫煙ラーニング

脱毛はタバコが原因の一つ

Top喫煙にまつわる病気 > 脱毛はタバコが原因の一つ

タバコと脱毛は一見するとかけ離れて見えますが、実は後天性の脱毛を促す原因であることがわかってきています。
若いうちはいいですが、年齢を重ねていくにつれて、段々と気になるようになる頭髪の量。
禁煙をすることによってで将来的な脱毛や、若ハゲと呼ばれる若いうちの脱毛現象を抑えることが出来るかもしれません。

そもそも脱毛が起きる理由

脱毛は遺伝によるものと、そうでないものがあります。今回はタバコと脱毛の関連性を解説する記事ですので、遺伝に関しては触れません。
遺伝でない脱毛を後天性の脱毛と呼びます。これは、男性ホルモンの量によって決まってきます。
男性ホルモンは身体を作る上で非常に大切なホルモンで、筋トレなどを行い筋肉をつけるには不可欠なホルモンなのですが、髪の毛に対してはあまり良くない働きをしてしまいます。
脱毛を促す男性ホルモンの主な物にDHTと呼ばれるものがあります。実験の結果、タバコには脱毛を促すDHTを増幅させる働きがある事をアメリカのハーバード大学が発表しました。
これで、明確にされていなかったタバコと脱毛の関係が明らかになりました。

血管を収縮させて毛に栄養不足に

タバコを吸うことで、身体の血管が収縮します。
毛の根元は毛根と呼ばれ、毛根は毛細血管から栄養を取り入れています。喫煙によってこの毛細血管も収縮してしまい、うまく毛根に栄養が与えられません。
血行が良くなることで頭髪の成長を促すことができますが、タバコを吸うことによって全く逆の事をしてしまっています。
若ハゲという言葉があるように、若いうちでも脱毛現象が起きてしまいますので、タバコによる脱毛は若くない人だけの話ではありません。

禁煙で円形脱毛症?

円形脱毛症は重度のストレスによって起きる事で知られる脱毛症です。
禁煙をすることでそれが大きなストレスとなって、円形脱毛症を引き起こすことがあります。
「だったら禁煙しないほうがいい」と思う人もいるかもしれませんが、実際のところそこまで激しいストレスに見舞われる事も少ないですし、もし大きなストレスを感じるようであれば禁煙外来へ行けば良いのではないでしょうか。
円形脱毛症でしたら、病院に行かなくても治ることもありますし、すぐに対処することで目立たなくすることも可能です。
一方タバコを吸い続けてしまったがために、一生髪の毛が生えてこないいわゆるハゲになってしまう。
どちらが利口でしょうか。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ