タバコは勃起不全になる可能性がある

禁煙・喫煙ラーニング

タバコは勃起不全になる可能性がある

Top喫煙にまつわる病気 > タバコは勃起不全になる可能性がある

都市伝説のように語られているタバコと勃起不全の関係ですが、実際にタバコによる勃起不全が起きています。
通称「タバコED」と呼ばれており、タバコを吸っていれば若い人でも勃起不全になってしまう可能性があります。

タバコと勃起不全の関係

タバコを吸うことによって、身体の血管が収縮してしまいます。
陰茎が勃起するためには、大量の血液によって起こっています。タバコが血管を収縮させて血液の流れを悪くしてしまう事で、勃起不全になってしまいます。
また、勃起不全の患者の8割程度がタバコを吸っているという事も分かっています。

禁煙で勃起不全が治る?

タバコが勃起不全の原因であるのなら、禁煙をすれば治ると思われがちですが、禁煙だけでは改善しないこともあります。
タバコを吸っているのであればまずは禁煙が必要になります。しかし、「最初の原因」がタバコであるだけであって、実際に勃起不全に悩むようになると
タバコ以外も勃起不全の原因となってしまっていることが多くなります。
あれ?と思ったら、深く考えずにまずは禁煙してみると良いでしょう。ガンを含めた病気の予防にもなります。

タバコが精子に与える害

タバコを吸うことで体内には一酸化炭素が増え、ヘモグロビンと結合することで血中の酸素が低下してしまいます。
酸素の濃度が低下してしまうことによって、臓器の活動が低下してしまいます。
精子を作り出す精巣ももちろん臓器ですので、酸欠の影響を受けることになります。
精巣が酸欠になることで、精巣が十分に活動することができなくなり、弱い精子が出来上がります。
これによって、不妊に悩まされる可能性があります。
また、カナダ保健省によると、精子の細胞のDNAがタバコの煙によって変異を起こすことが分かっています。
これはマウスでの実験ですが、こうした変異が遺伝情報に永久的な変化をもたらすとしています。

禁煙で勃起不全を予防しよう

勃起不全の最初の原因となりやすい喫煙。これは、タバコを吸わない人には無関係です。
つまり、今タバコを吸っている人で勃起不全でない場合、禁煙をすることで勃起不全に悩むことがなくなると考えられます。
最初の原因である喫煙を絶つ事によって、勃起不全に悩むことなく、更に健康な子供を授かることができます。
勃起不全の予防に、禁煙をしてみはいかがですか?

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ