バージャー病とタバコの関係

禁煙・喫煙ラーニング

バージャー病とタバコの関係

Top喫煙にまつわる病気 > バージャー病とタバコの関係

バージャー病はあまり聴き馴染みのない病気かもしれません。
しかし、バージャー病はタバコと密接に関係している病気で、場合によっては手足を切断しなければならないこともある恐ろしい病気です。
タバコを吸う上で、肺がんなどと同じレベルで知られていなければならないバージャー病のタバコとの関係性や、バージャー病についての解説を行います。

バージャー病とは?

バージャー病は「ビュルガー病」や「閉塞性血栓血管炎」とも呼ばれ、手足の動脈にできた血栓が炎症を起こす病気です。
炎症を起こした血管が血管の内側を塞いでしまうことによって、壊死などが発生することもあります。
ただし、炎症が起きた場所以外ではこのようなことはなく、動脈だけではなく静脈にも発生することが分かっています。
若者に多い病気であるため、若者特有の動脈硬化と考えられていましたが、これらの事がわかり動脈硬化ではないことが判明しています。

バージャー病の症状は?

バージャー病の症状は手足の指に見られることが多く、中でも足の小指などが普通です。
初期症状として、足の違和感や軽い痛みなどを感じますが、この時点でバージャー病と判断するのは難しく、これらの症状が出る事でバージャー病と診断が出ることがあります。
タバコを吸っていて、かつ何か当てはまる場合は、病院で診察を受けるようにしてください。

患部の変色

バージャー病が進んでいくと、患部が紫色から黒に変色していきます。
これは、患部の血管に血液が十分に行き届いていないことを示しています。このまま放置すると壊死してしまいます。
このことから、バージャー病は「特発性脱疽」とも呼ばれ、突然手や足が腐ってしまう病気として知られています。

痛みで歩行困難になる

歩くたびに足が痛く、休憩しながらでなければ歩けなくなってしまうことがあります。
運動をするためには運動する筋肉へ十分な血液が行き渡らなければなりませんが、血管が塞がれているため血液が行き渡らず、筋肉痛として表面に出てきてしまいます。

爪の伸び方が遅くなる

血液が行き渡らないので、爪の伸び方が遅くなります。
また、血液から栄養をもらっている毛も抜けたまま生えなくなることもあります。
怪我をすればなかなか治りません。最もわかりやすい症状として、深爪をした時に治りが遅いと実感することができます。

足首が痛みを伴い腫れ上がる

バージャー病患者のうちの多くが足首が痛みを伴いながら腫れ上がります。これは関節が腫れているのではなく、血管が腫れていることが原因です。
腫れる場所は赤くなりますが、場所が移動することがあり、見逃すことがあります。この赤さはしばらくすると黒く変色し沈着するので、その時に気づかなくてもふと足を見た時に気づくこともあります。

タバコとバージャー病の関係性

バージャー病患者の9割以上が男性で、喫煙しているとの調査結果が出ています。
タバコの本数には関係なく、少しだけ吸っている人であっても発症することがありますし、ヘビースモーカーであっても発症しないこともあります。

更に、受動喫煙によってもバージャー病が発症します。
バージャー病の発症に関しては、遺伝子に関係していることが分かってきており、バージャー病を発症しやすい遺伝子を持っていなければ、ヘビースモーカーであっても発症しない理由になります。

バージャー病は遺伝しない

バージャー病は遺伝子と関係していますが、遺伝はしないため自分の子供に遺伝させてしまったりはしません。子供に受動喫煙をさせた場合やタバコを吸ってしまった場合はバージャー病に罹る可能性は上がります。

バージャー病にタバコは厳禁

血管に炎症を起こすバージャー病では、血管を傷つける恐れのあるタバコは厳禁です。ですので、バージャー病と診断された人は禁煙しなければなりません。
バージャー病になってもタバコを吸ってしまう人もいるようですが、最終的に禁煙に成功する人が多いようです。
禁煙のタイミングは手や足を失ったタイミングという事も多く、その後の生活に支障をきたしてしまうこともあります。

バージャー病の予防法

もちろん禁煙です。タバコを吸うことによってバージャー病になるリスクが高まりますし、タバコによって血管が収縮し、進行を早めてしまいます。
バージャー病と診断されたら絶対に禁煙をしなければならないのは、このためです。
禁煙をサポートし、結果的にバージャー病の進行を抑えてくれるサプリメントを当サイトではオススメしています。
サプリメント「ニコストップ」の公式サイトはこちらです。

他の予防として運動をすることで血流を良くすることで、血栓の発生を防ぐことができるので、バージャー病の予防にも繋がります。
また、血管は冷えると収縮しますので、体を冷やさないことが重要です。これは血流が良くなれば改善されます。
どうしても指先が冷えたりする場合は、温めるのも良いでしょう。その時熱くなり過ぎないように気をつけます。

足を残しますか、タバコを吸いますか

ご覧のとおり、医学の進んだ現代であってもバージャー病は私たちの手足を切断する可能性のある恐ろしい病気です。
タバコを吸わないことでこの恐ろしいバージャー病を予防できるのであれば、禁煙してみようと思えるのではないでしょうか。
治療には禁煙が前提条件ですので、同じ禁煙をするのであれば、病気になる前の方が健康面でも金銭面でもお得です。

実際にバージャー病患者であっても手足の切断という現実味のない状況に、タバコを選択してしまう人も多いようですが、最終的には足を失うことに繋がります。
バージャー病は難病指定されている病気でもあります。手足がなくなってしまうかもしれない、喫煙が原因のバージャー病を知っても、タバコを吸いますか?

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ