タバコは肌の老化を促進させる

禁煙・喫煙ラーニング

タバコは肌の老化を促進させる

Top喫煙が体に及ぼす影響 > タバコは肌の老化を促進させる

アンチエイジングや美容を考えている人の中では、喫煙はそれらに非常に害があるというのが常識です。
特に、タバコは目に見えるお肌に対して与えることが分かっています。
タバコによるお肌への影響などをご紹介します。

慢性的なクマが出現する

眼の下に現れるクマは血行不良が主な原因とされています。クマはなかなか隠すことができず、大変な思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。
タバコを吸っている人で、慢性的なクマに悩んでいる場合は、禁煙することで慢性的なクマを治せる可能性があります。
喫煙によって血管が収縮してしまい、血行不良になることが原因でクマが現れているのかもしれません。
更にお酒も好きで毎日飲む、という場合は、タバコと一緒にお酒を控えるとより効果的に慢性的なクマを治せる可能性があります。

シミ・シワはタバコをやめれば改善できる

どうしても気になってくるシミやシワですが、タバコをやめることで、改善または現状維持することができます。

タバコはビタミンCを破壊する

タバコにはビタミンCを破壊する作用があることが分かっています。
ビタミンCには若いお肌を維持するための抗酸化作用があります。防腐剤にも使われているほど優秀な成分です。
シミはメラニン色素が沈着することでできてしまうのですが、ビタミンCが豊富で新陳代謝が良ければ回避することが出来ます。
しかし、喫煙によってビタミンCが不足してしまっては、メラニンの抑制ができなくなります。
また、タバコに含まれる一酸化炭素が体内に入ることで、体内の老化を促進する活性酸素が出来上がってしまい、できてしまったシミを新しい皮膚でカバーすることができなくなり、シミとして表面に出てきてしまいます。

シワはスモーカーズフェイスの証

タバコを長い事吸っていると、スモーカーズフェイスと呼ばれる顔に変形すると言われています。
スモーカーフェイスは実年齢に対して顔が老けているように見えてしまい状態の事で、シワが増えたり歯茎の色が変色します。
スモーカーズフェイスは、禁煙によって改善が見られることもあります。実年齢と同じというわけにはいかないかもしれませんが、禁煙したときの状態を維持することで、タバコを吸っていた時に比べてシワを抑えることは可能です。

くちびるの色が変色する

タバコを吸うことによって血管が収縮することが原因で、血流が悪くなります。
子供の頃にプールから上がるとくちびるが紫になっている人がいたと思いますが、それとは別で、タバコによるくちびるの変色は、血液中の酸素が低下したり血流の悪さが原因です。
そのまま経過するとくちびるに紫や黒い色が沈着します。タバコが原因でない場合は、元の色に戻ることもありますが、タバコによってビタミンCが破壊されていますので、しみの一種である色素の沈着を防ぐことができずにそのまま色が残ってしまうこともあります。
タバコを吸う中高年の男性が目立つのは、普段化粧をしないからで、性別に関係なく女性でもくちびるの色が変色してしまうことに変わりはありません。
また、くちびるの色がおかしい場合、内臓機能が低下していることもありますので、心当たりのある場合は病院へ行きましょう。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ