三次喫煙による毒物の吸引

禁煙・喫煙ラーニング

三次喫煙による毒物の吸引

Top喫煙が体に及ぼす影響 > 三次喫煙による毒物の吸引

三次喫煙とは、副流煙が消えた後に物体の表面に残った有害物質を吸引することです。
例えば、居酒屋などに行き家に帰ると衣類のにおいをかぐと、タバコの匂いがした、というのが三次喫煙です。
三次喫煙によっても、毒物を吸引することとなります。

三次喫煙は受動喫煙よりも危険?

受動喫煙は通常の喫煙に比べても様々な病気になるリスクが高まりますが、長期的な三次喫煙は、受動喫煙よりも危険であることが分かっています。
タバコには、ニトロソアミンという発がん性物質が含まれていますが、付着したニコチンが大気中の亜硝酸と反応することで、このニトロソアミンを発生させます。

タバコのにおいがする人は危険

最近では路上喫煙が禁止されている地域もあり、定められた喫煙所のみでタバコを吸うことができます。ですので、喫煙者が集合することとなり、一人で喫煙するよりも大量の煙を衣類に浴びることになります。
これによって衣類にタバコの残留物が残ります。そこから歩き続けるわけですから、タバコを吸わない人に対して三次喫煙を促していることになります。
また、病院などではタバコを吸えないことが多く、長時間待合室で待っているとタバコを吸いに行く人もいます。この後戻ってきた人はタバコのにおいがしますが、その時点で三次喫煙が発生しています。
車などの密室にいなければならない状況を除いて、タバコのにおいのする人がいたらその場を離れる事で三次喫煙を防ぐことができます。

ホテルの喫煙できる部屋は宿泊しない

ホテルの喫煙できる部屋は、たとえ自分や家族がタバコを吸わない場合でも、宿泊を避けたほうが良いでしょう。
消臭してもにおいは消えますが、それまで幾度と無く喫煙された部屋の壁、地面、ベッドなどにはタバコの煙に接しています。
小さい子供は地面を這って歩いたり、地面に近い位置に顔がありますので、更に三次喫煙の危険度が増します。

「喫煙の部屋なのに清掃がしっかりしていて、タバコのにおいがしないなぁ」なんて壁に鼻を近づければ立派に三次喫煙が成立しています。
禁煙とうたっている部屋であっても元々喫煙可能だった部屋を禁煙にしただけである場合も多く、建設当初から禁煙の部屋をとることは難しいですが、宿泊先を選ぶことは喫煙できる部屋を避けることで、三次喫煙を回避することができます。

窓を開けながらの喫煙も三次喫煙には効果薄

車や室内でもタバコを吸うときは窓をあける場合があると思いますが、換気をしながら喫煙しても、タバコを吸った空間にはタバコから発生する物質が定着することが研究でわかっています。
ですので、換気をしているからと言って、三次喫煙を抑えることはできません。
ベランダでタバコを吸って戻ってきても、換気扇の下でタバコを吸っても、衣類には多くのタバコによる付着物がついており、回りにいる人が三次喫煙による被害を受けていることを忘れてはいけません。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ