肺年齢が上昇する

禁煙・喫煙ラーニング

肺年齢が上昇する

Top喫煙が体に及ぼす影響 > 肺年齢が上昇する

私たちが歳をとるように、身体の中にある臓器もすべて歳を取ります。脳はもちろん、心臓や肺も例外ではありません。
皮膚のうるおいが歳をとることによって段々となくなってしまうのは、肌も年をとるからです。
順当に歳をとっていればそれ相応の能力で臓器が活躍してくれますが、タバコを吸うことによって、順当に年をとるよりも早いペースで、
肺の年齢、肺年齢の上昇を促してしまいます。
このページでは、タバコによる肺年齢の上昇の原因に関するコラムも記載しています。興味のある方は御覧ください。。

肺年齢が高いとどうなるの?

肺年齢が高いと、実年齢の歳では考えられないような病気にかかりやすくなります。例えば、「肺炎」や「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」です。
病気以外でも、肺機能が通常よりも低くなっていますので、少し走っただけで息切れがしたり、走らなくても息切れが起きることもあります。
また、痰や咳が出やすくなることもあります。

肺活量が低下する

肺年齢が増えることで、肺活量が低下します。順当に歳をとった人であっても、加齢とともに肺も歳をとっていき、肺活量が低下します。
本来は働き盛りの40歳で肺年齢が70歳の場合、70年間喫煙しなかった人と同じ程度しか肺活量がないこともあります。これでは、活発に動き回ることも辛いですし、
周りの人は同じ時間営業活動をしているのに、自分だけは体力的に辛くて仕方ない、という事もあるかもしれません。
このことから、肺活量を調べることで肺年齢を調べることができます。

喫煙でなぜ肺活量が減るの?

喫煙している人は、肺から空気を一気に出すときに、気管支が狭窄してしまい、大量の空気を外に出すことができません。
空気を出そうと思えば出せるのですが、「一気に」となるとこれが難しくなり、一気に出そうとしても時間がかかってしまいます。
空気を外に出す時間が長いので、息を吐いている最中に吐き出すための息がなくなり苦しくなるという、喫煙をしない人にとっては理解しがたい状況になります。
喫煙しない人に比べて喫煙する人が45歳で肺活量の検査をした場合、半分程度の肺活量がないこともあります。

肺年齢は元に戻せない

肺年齢は禁煙しても実年齢と同じにすることはできません。
だからといって、禁煙をあきらめてはいけません。禁煙をして禁煙に成功することができれば、そこからは喫煙しない人と同じペースで肺は歳をとっていきます。
肺年齢が元に戻ることはありませんが、禁煙はいつ始めても遅くありません。
肺年齢の事を考えればなるべく早く禁煙を行うことで、周りの人と同じように肺も年をとることができます。
手に負えないレベルにまで肺年齢が上がってしまう前に、禁煙することが大切です

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ