喫煙によってエイズ発症率が上昇する

禁煙・喫煙ラーニング

喫煙によってエイズ発症率が上昇する

Top喫煙が体に及ぼす影響 > 喫煙によってエイズ発症率が上昇する

喫煙によって、HIVウィルスに感染したと判明してからエイズを発症するまでの期間が喫煙によって短くなるおそれがあることが、イギリスの調査によって分かっています。

その差は約半分

HIVに感染していると判明してからエイズを発症するまでの期間は、喫煙者で約8ヶ月、非喫煙者では14ヶ月とタバコを吸っている人は、タバコを吸っていない人に比べて約半分の速度で、Hエイズが発症する計算となります。

HIVに感染するリスクも上昇する

ニコチンや、ニコチンを分解して発生するコニチンが性器の免疫機能低下を起こすとされています。
それによって、性接触時にHIVを始め、その他の性病に罹患するリスクが上昇します。

これらは喫煙によって免疫力が低下することが原因

喫煙によってHIVに感染するのには、タバコを吸うことによって免疫力が低下してしまうことが原因となります。
タバコを吸うと、血中の酸素が少なくなってしまい、体全体に栄養素が行かなくなるばかりか、老廃物の回収機能が衰えてしまいます。これによって免疫力が低下すると言われています。
そのため、喫煙によってHIV以外の病気に罹患するリスクも高まってしまいます。

HIVは検査しないと分からない

喫煙によってHIV感染のリスクが高まることは説明しましたが、HIVに感染しているかは検査をしなければ判明しません。健康診断でもそれは項目に入っていないため分からないのです。
地方自治体によっては、無料で検査を行うことができますので、喫煙をしている人でHIV感染の心配がある方は、地方自治体で検査を行うと良いでしょう。完全匿名で行うことができます。
また、顔を見られるのがイヤな場合は、インターネットからHIVを含む性病の検査キットも販売されていますので、そちらを利用することもできます。

HIVの初期症状

HIVに感染すると、性接触があってから2週間ほどで様々な初期症状が発生することがあります。
その症状をご紹介します。当てはまってしまい、心配な方は検査キットを購入し、検査してみてください。

  • 高熱が出る
  • 咳が止まらない
  • 震え、悪寒
  • 全身のリンパの腫れ
  • 頭痛
  • 下痢

これらは数日から数週間続き、その後は潜伏期間に入り症状は一切でなくなります。
過去にこのような症状があったり、今現在出ている人は地方自治体や病院での検査、検査キットにて検査を行いましょう。



禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ