目覚めの一服はガンリスクが高まる事が判明

禁煙・喫煙ラーニング

目覚めの一服はガンリスクが高まる事が判明

Topタバコに関するニュース > 目覚めの一服はガンリスクが高まる事が判明

アメリカのペンシルバニア州立大学によって、目覚めの一服は肺がんや口腔がんの発症リスクを高めるという研究結果が発表されました。
約2000人の成人喫煙者から採取した血液サンプルと喫煙習慣を分析したところ、1日の最初の喫煙が起床後30分以内である人は、31分以上経過してから最初の喫煙を行う喫煙者に比べて、タバコ特有の発がん性物質の血中濃度が高かった、という結果を得ました。
このことから、研究者は目覚めの一服は肺がんや口腔がんのリスクを高める可能性がある、としています。
目覚めの一服をする人はニコチン依存症である可能性も高いため、タバコを吸い続けることによって更に発がんのリスクを高めてしまっている可能性が高くあります。
いきなり禁煙とは言わず、起床後31分以上経過してからタバコを吸うだけでも、発がんリスクが違います。まずは目覚めの一服の克服からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

原文はペンシルバニア州立大学のニュースページより読むことができます。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ

タバコに関するニュースの記事一覧