JTがタバコ警告表示の大きさでタイ政府を提訴

禁煙・喫煙ラーニング

JTがタバコ警告表示の大きさでタイ政府を提訴

Topタバコに関するニュース > JTがタバコ警告表示の大きさでタイ政府を提訴

JT(日本たばこ産業株式会社)は10月からタイ国内で発効される新しい規制で、タバコのパッケージ面積の85パーセントに健康への警告を表示することに対して、「合法的な競争や知的財産権、表現の自由に過度の影響を与える」として19日にタイ政府を提訴しました。

アメリカ疾病対策センターが調査したところによると、たばこのパッケージに表示されている警告が、実際に喫煙者の喫煙を思いとどまらせているという結果が出ています。
中でも一番禁煙を考えさせらたとされるパッケージは、パッケージに目立つように警告が表示されており、喫煙による害が画像などでも表示されているものが多かったそうです。

海外にはタバコが原因とされる病気で亡くなった人の画像や、臓器などがタバコのパッケージに使われている事もあり、そういった表現に馴染みのない日本人とは、考え方が違うかもしれませんが、禁煙によって健康になるのであれば、ある程度の警告文などはしかたのないことなのではないでしょうか。
パッケージ全体の8割以上が警告文である事で困るのは、タバコを販売する会社だけです。警告文を見て、少しでも禁煙しようと考え健康になることが、その人にとって幸せなのではないでしょうか。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ

タバコに関するニュースの記事一覧