喫煙男性、ヒ素の摂取で肺がんリスク上昇

禁煙・喫煙ラーニング

喫煙男性、ヒ素の摂取で肺がんリスク上昇

Topタバコに関するニュース > 喫煙男性、ヒ素の摂取で肺がんリスク上昇

海藻や魚に含まれているヒ素を喫煙している男性が摂取することで、肺がんのリスクが上昇する事が国立がんセンターから発表されました。

そもそも国際がん研究所によってヒ素は発がん性物質に指定されていますが、通常食品から摂取する場合は海藻などが多く、海藻には抗酸化作用があるため海藻を食べたことによるヒ素の影響は少ないと考えられています。

国立がんセンターの調査では食習慣から推計したヒ素の摂取量に応じて比較し、喫煙する男性にだけ肺がんのリスクが高まることが分かりました。
喫煙男性はヒ素を摂取するばするほど発ガン性リスクが高くなり、非喫煙男性は逆に低くなったそうです。
これは、喫煙者はヒ素を体外に排出する働きが低下しているため、ヒ素の毒性が肺に影響を及ぼしたのではないか、としています。
タバコを吸わない人はヒ素を正常に体外に排出出来る他、海藻などに含まれる抗酸化作用の恩恵を受けていているのではないか、と、国立がんセンターは考えています。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ

タバコに関するニュースの記事一覧