WHO、喫煙が原因の死者が年間600万人と発表

禁煙・喫煙ラーニング

WHO、喫煙が原因の死者が年間600万人と発表

Topタバコに関するニュース > WHO、喫煙が原因の死者が年間600万人と発表

WHOは喫煙による年間の死者数が600万人となり、この傾向が続くと2030年には喫煙が原因で死亡する人の数が800万人を超えると発表しました。
WHOのマーガレット事務局長は、「タバコの広告や販売促進活動を一丸となって規制しなければ、かつてないほど積極的なタバコ業界によって、青年や若い成人の喫煙意欲がかきたてられ続けるだろう」と述べました。
WHOによると、死者600万人のうち、500万人が喫煙者または喫煙経験者で、60万人が受動喫煙者だったとしています。

タバコよって死亡してしまう人の数が増え続けているようですね。
受動喫煙による死亡者の数が1割程度もいる事も驚きです。喫煙者だけに、タバコによる被害があればよいのですが、歩きタバコをしている人とすれちがったり、信号待ちをしているだけで、居酒屋でお酒を飲んでいるだけで受動喫煙の被害をうけることになります。
タバコを吸うのは個人の自由だと思っていますが、周りにどれだけの被害を与えているか、理解した上でタバコを吸ってほしいものです。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ

タバコに関するニュースの記事一覧