メントールたばこが通常のたばこより害が大きい可能性

禁煙・喫煙ラーニング

メントールたばこが通常のたばこより害が大きい可能性

Topタバコに関するニュース > メントールたばこが通常のたばこより害が大きい可能性

アメリカ食品医薬品局は23日、メントールタバコのほうが通常のタバコに比べて健康上の被害が大きい可能性があると発表しました。それに伴って、メントールタバコの販売の制限を検討しているようです。
メントールタバコに含まれているミント味が中毒性の悪化に関連している可能性が高いとしています。更に、メントールタバコの喫煙者はニコチンに対する依存度が強く、禁煙の成功率も低いそうです。

アメリカでは、アメリカ食品医薬品局にタバコ製品の規制権限がありますが、この法律によって、メントール以外のフレーバーがあるタバコの販売は禁止されています。
その経緯があるため、今後メントールタバコも販売禁止になりそうな流れになっていますが、メントールタバコはアフリカ系アメリカ人の喫煙者が好む製品であることから、大きな議論を巻き起こしているようです。
アメリカ政府の統計では、アメリカ黒人の喫煙者80パーセントがメントールを愛用しているそうです。

私がタバコを吸っていたときはメンソールのタバコはどうも苦手でした。
しかし、メンソールのタバコしか吸わない友人もいましたが、何度禁煙してもいつの間にか禁煙が修了してしまっているため、やはりメンソールが口に合う場合は依存度が高いのかもしれません。
※あくまで個人の意見です

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ

タバコに関するニュースの記事一覧