ハワイオアフ島の公共の場での喫煙、違法化へ

禁煙・喫煙ラーニング

ハワイオアフ島の公共の場での喫煙、違法化へ

Topタバコに関するニュース > ハワイオアフ島の公共の場での喫煙、違法化へ

アメリカハワイ州ホノルル市長は、25日までに、オアフ島内の公共の場での喫煙を禁じる法案2件に署名しました。2014年1月1日発効予定です。
公共の場とは、ビーチ、公園、テニスコート、ソフトボール用のスタジアム、公共プールなどとされています。ただし、市営のゴルフ場は対象外です。
違反者には100ドルの曝気にが科されます。再犯すると最高で500ドルまで罰金が増えます。
電子タバコは対象外で、海岸での利用が認められます。
既存の法律で、商店やレストロン、バー、職場の出入り口から約6メートルの範囲内での喫煙が禁じられています。また、公共の土地に面する海上も禁煙です。

自然を守る意味もありますが、喫煙しない人々の健康を守るという意味でも、日本でも公共の場での禁煙を進めていき、愛煙者には専用の喫煙場所をしっかりと作ることで、極力愛煙者の楽しみの場も提供しながら国民の健康を維持できるようにしてもらいたいものです。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ

タバコに関するニュースの記事一覧