嫌煙が小中高生に浸透

禁煙・喫煙ラーニング

嫌煙が小中高生に浸透

Topタバコに関するニュース > 嫌煙が小中高生に浸透

小中高生を対象にした薬物・タバコ・飲酒に対する意識調査で「将来タバコを吸うと思う」と答えた人は、6年前の前回調査に比べて大幅に減少し、男子では9パーセント以下、女子では4%未満になりました。
文部科学省は「啓発教育の効果と思われる。今後は脱法ハーブなどの害についても認識させていく必要がある」としています。
また、「吸いたいと思ったことがある」「吸う人をかっこいいと思う」という質問も全ての学年で連続して減少しているようです。飲酒でも同様の傾向にあるようです。

しかし、これを「嫌煙」という言葉で片付けてしまった良い物なのか、疑問が残りますが、将来的な健康を考えると、タバコを吸わないことが大切であることは間違いありませんので、その意識は持ち続けて欲しいですね。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ

タバコに関するニュースの記事一覧