喫煙と飲酒で10年で12歳分脳が老化することが明らかに

禁煙・喫煙ラーニング

喫煙と飲酒で10年で12歳分脳が老化することが明らかに

Topタバコに関するニュース > 喫煙と飲酒で10年で12歳分脳が老化することが明らかに

大量の飲酒と喫煙が重なることで、認知機能の低下が大幅に加速することが、イギリスの公務員を対象に行った研究結果がで明らかになりました。
男女6473名を10年間追跡調査を行い、その間に3回認知機能テストを行った結果、喫煙をし、大量に飲酒をする人は非喫煙者で適度な量の飲酒を行う人よりも、36パーセント認知機能の低加速度が早いことが分かりました。
この結果に「同じ10年の間に、2歳余計に年をとったのと同様の影響が生じる計算になる」と研究者は発言しています。
この調査での大量飲酒の定義は1週間のうちにアルコール5パーセントのビールを2リットル、ワインでは2.2リットル程度の量です。
正確には、週にアルコール168グラム以上、更に英国国民保健サービスが定めた単位が21以上を上回る人を大量飲酒者と定義していたようです。

1週間でビール2リットル程度であれば特に多いと感じない量ですが、どうでしょうか。
この程度で大量と言われたら毎日お酒を飲んでタバコを吸う人は相当脳年齢の老化が早いことになりますので、気をつけなければなりませんね。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ

タバコに関するニュースの記事一覧