「無煙タバコの害が少ない」は誤解

禁煙・喫煙ラーニング

「無煙タバコの害が少ない」は誤解

Topタバコに関するニュース > 「無煙タバコの害が少ない」は誤解

脱タバコ社会の実現分科会は、使用者が増えている無煙タバコの「害が少ない」という理解には誤解があるとまとめました。
無煙タバコは「かみたばこ」や「かぎたばこ」といった種類があり、煙の出ないタバコとして日本国内でも以前から販売されています。
煙のでないタバコであり、噛んだり嗅いだりするタバコのため、未成年に広がる恐れもあるとのことです。
脱タバコ社会の実現分科会の提言によると、無煙タバコは約30種類の発がん性物質を含んでおり、口腔がん、食道がん、すい臓がんの原因となる可能性があるとしています。
また、通常の紙巻たばこと同様にニコチン依存を招きます。これによって、心臓病などのリスクも高まるとしています。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ

タバコに関するニュースの記事一覧