PM2.5よりも煙草の煙は危険であることが判明

禁煙・喫煙ラーニング

PM2.5よりも煙草の煙は危険であることが判明

Topタバコに関するニュース > PM2.5よりも煙草の煙は危険であることが判明

上海の復旦大学の研究で、PM2.5よりも更に小さいPM0.5と呼ばれる物質が更に危険であることが明らかになりました。
PM0.5は、タバコの煙を直接吸引すると、その大部分に含まれているそうです。

PM0.5は肺胞に達し、血管に侵入することで疾病を引き起こす可能性がある他、人体の神経システムのバランスを崩壊させる可能性があるとされています。

PM0.5が気になる方は一刻も早くタバコをやめるべきでしょう。
また、副流煙にも含まれている可能性も高いと考えられますので、気になる方はタバコの近くに近寄らないほうが良いですね。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ

タバコに関するニュースの記事一覧