アメリカでスモーカーズフェイスの研究が行われる

禁煙・喫煙ラーニング

アメリカでスモーカーズフェイスの研究が行われる

Topタバコに関するニュース > アメリカでスモーカーズフェイスの研究が行われる

アメリカ、ケースウェスタンリザーブ大学のチームが、双子を比較した研究において、喫煙により目の下のたるみ、口の周りのシワが増えるなど、顔の老化が早くなる(スモーカーズフェイスが進行する)ことを発表しました。
この研究は18歳から78歳の双子79組を対象に行われ、うち45組は一人が喫煙者でもう一人が非喫煙者という組み合わせで、残りの34組は共に喫煙者。
双子それぞれの写真をプロのカメラマンが撮影し、顔のパーツごとに採点して比較することで老化の具合を確認しました。
この研究では飲酒やストレス、日焼け止めなどの要因についても調べていますが、これらの要素に大きな違いはないそうですが、生活環境や食生活の影響は明らかになっていません。

喫煙はコラーゲンの生成を抑制するため、コラーゲンが減少し皮膚の血行も悪くなり、ニコチンは肌の厚みを減らす作用があることから、老化が早く訪れると、研究チームを率いた医師は語っています。

禁煙成功グッズランキング

禁煙サプリメント

30日間飲むだけでイライラせずに禁煙完了!たっぷり1ヶ月分

 

電子タバコ

DT TURBO

タール・ニコチンゼロで身体に無害!

 

禁煙フィルター

★送料無料★ドクタースモーキング【快適生活】

禁煙率95パーセント、脅威の禁煙グッズ

タバコに関するニュースの記事一覧